アーモンド油

アーモンドの種子から取れるオイル。肌をソフトに保ちます。

アオモジ果実油

アオモジの果実から得られるオイル。防腐と収れん作用があります。

アゴニスフラグランス枝/葉油

オーストラリア原産のアゴニス フラグランスから得られるエッセンシャルオイル。抗菌性に優れ、甘い香りが特徴です。

アサ種子油

麻の種子から得られるオイル。肌になじみやすく、浸透性に優れたオイルで、肌をしっとりと保ちうるおいを与えます。

アスコルビン酸(天然ビタミンC)

天然ビタミンC(柑橘由来)。ホワイトニング効果があります。

アステルマリチマエキス

キク科の植物で、別名”ウラギク(ハマシオン)”と呼ばれます。鎮静効果に優れ、肌の赤みや炎症に効果があります。

アラリアエスクレンタエキス

海藻の一種で、脂肪酸や抗酸化物質を豊富に含みます。肌にハリと弾力を与えます。

アルガニアスピノサ核油

アルガンの実から得られるオイル。必須脂肪酸とビタミンEを含み、なめらかで弾力のある肌にします。

アロエベラ液汁

アロエの葉を絞った液汁。保湿・鎮静・抗炎症効果に優れています。

アロエベラ葉エキス

アロエの葉から得られるエキス。水分保持に優れています。

アンゼリカ根エキス

セリ科の一種の「アンジェリカ」の根のエキス。肌をなめらかに整えます。

安息香酸Na

クランベリー、りんご、プラム等フルーツの中に存在する安息香酸を加水分解して得られた成分。抗菌作用、抗カビ作用の特性があるため、食品や化粧品に、防腐剤として使用されます。

安息香酸メチル

糖の発酵により得られる、天然の原料から分離した成分。香料やエモリエント剤として、使用されます。

イチゴ種子油

イチゴの種子から抽出したオイル。保湿効果があり、肌をソフトに保ちます。甘酸っぱい香りがあります。

イランイラン花油

イランイランの花のオイル。肌の鎮静作用とリラックス効果があります。

ウイキョウエキス

「フェンネル」の名で知られるセリ科の多年草。オレイン酸・リノール酸・必須アミノ酸を豊富に含み、肌を引き締める効果があります。

ウイキョウ種子エキス

「フェンネル」の名で知られる多年草の種子のエキス。保湿や抗炎症作用があります。

エタノール

とうもろこしを発酵させて作られた、100%ナチュラルなアルコール。人工的な合成アルコールの多くは肌を乾燥させる性質がありますが、オーブリーでは低刺激性で水分を保持する力がある天然の穀物アルコールを使用しています。この穀物アルコールは、有効成分が肌に浸透するのを促進する働きや、防腐・殺菌作用があり、油分と他の成分を混ぜ合わせる役割も担っています。

エンピツビャクシン油

「ジュニパー」の名で知られるヒノキ科の常緑樹のオイル。殺菌効果があり、肌を引き締めます。

オオアザミ果実エキス

美しい紫色の花びらを持つ、キク科のオオアザミの果実のエキス。外的ストレスから肌を保護し、修復する作用があります。

オオベニミカン果皮油

オオベニミカンの果皮から得られたエッセンシャルオイル。リフレッシュできるさわやかな香りで、防腐効果もあります。

オプンチアフィクスインジカ茎エキス

別名「ウチワサボテン」と呼ばれるサボテン科の植物。脂肪酸や抗酸化物質を豊富に含み、紫外線から肌を保護し、ハリと弾力を与えます。

オリーブ油

オリーブの果実より抽出したオイル。肌を柔らかく、なめらかに保湿します。

オリーブ脂肪酸K

オリーブ油から得られる石けん成分です。

オレンジエキス

オレンジの果実から得られるエキス。保湿や収れん作用があります。

オレンジ果皮油

オレンジの果皮を圧搾したエッセンシャルオイル。 さわやかな香りで抗炎症・抗菌作用があり、 フラボノイドとビタミンA(B、CとE)を含みます。

加水分解エラスチン

水溶性のタンパク質。肌に水分を保持する作用があり、肌のハリや弾力を保ちます。

加水分解コーンスターチ

とうもろこし由来の天然のキレート剤。保湿効果もあります。

褐藻エキス

海藻から取れるエキス。アミノ酸・ビタミン類・ミネラル等を多く含みます。保湿効果が高く、肌を活性して丈夫にします。

カプリル酸グリセリル

ヤシ油脂肪酸のカプリン(カプリル)酸とグリセリンから作られた油性成分で、抗菌作用があり、乳化を安定させます。

カミツレ花

カミツレの花には、消炎作用のある有効成分(アズレン、ビサボロール)が含まれます。

カミツレ花エキス

カミツレの花から採れるエキス。抗炎症作用・皮膚保護効果があります。

カラギーナン

紅藻類の海藻に含まれる多糖類で、海藻から水で抽出できます。増粘多糖類とも呼ばれ、クリームをトロリとした感触にします。

カラスムギエキス

カラスムギから抽出したエキス。保湿・抗炎症・収れん効果があります。

カラスムギ穀粒

カラスムギの穀粒。古い角質を穏やかに取り除きます。

カラスムギワラエキス

カラスムギのワラのエキス。酸化防止効果があります。

カルノシン

アミノ酸の一種であるヒスチジンとアラニンから構成されます。抗酸化作用があり、肌のくすみやハリに効果があります。

カンフル

クスノキから抽出。消炎・抗菌効果があり、肌の引締めや鎮静効果があります。

キク花エキス

菊の花から抽出されるエキス。菊には抗酸化作用があるといわれています。

キサンタンガム

分子量の高い、水に分散しやすい性質のナチュラルな多糖類。グルコースやスクロースの発酵により形成されます。広くヘアケア・スキンケア製品で、増粘剤・乳化剤として使われます。

キノア種子エキス

南米のアンデス地方原産のキノアは、タンパク質が豊富な穀物で、 特にアミノ酸のシスチンとシステインが丈夫でツヤのある髪に整え、クセ毛やうねりを抑えてスタイリングをしやすくします。

キュウリエキス

キュウリから取れるエキス。収斂・鎮静・冷却効果に優れ、肌を引き締めます。

キュウリ油

キュウリから得られるオイル。保湿、収れん効果があります。

グアーガム

一年生のマメ科植物グァー豆から抽出され、増粘剤として使われます。

クゥエルカスアルバ樹皮エキス

クゥエルカス アルバ(別名ホワイトオーク)の樹皮から採れるエキス。外的ストレスから肌を守ります。

クエン酸

柑橘類由来の酸の一種。古い角質を取り除き、新陳代謝を促進します。

クスノキ油

クスノキから得られるオイル。抗炎症や防腐効果があります。

グリシン

最も簡単な構造の非必須アミノ酸で、抗菌・緩衝・保湿効果があります。食品にも多く使用されています。

グリセリン

植物油(ヤシ油やパーム油)などの油脂のけん化分解で得られる、透明のトロリとした液体。肌を軟らかくし、潤いを与える効果があります。

グルコノラクトン

トウモロコシ由来のグルコースの酸化によって得られ、シャンプーやリンスなどの安定性を保つ目的で使われています。

グレープフルーツエキス

グレープフルーツから抽出したエキスで、天然の防腐剤・保湿剤として働きます。

グレープフルーツ果皮油

グレープフルーツの果皮から採れるオイル。収れん効果があり、香料としても使用されます。

香料

天然のエッセンシャルオイルから生成したものです。

コハク酸ジヘプチル

ヒマシ油の熱分解と小麦の発酵によって得られ、エモリエント効果があります。

サトウカエデエキス

サトウカエデのエキス。天然のAHA酸を含み、肌の新陳代謝を促進します。

サトウキビエキス

サトウキビの茎から抽出して得られるエキス。保湿効果があり、角質を柔らかくします。

サボンソウ葉/根エキス

*サボンソウエキスを参照してください。

シア脂

中央アフリカに広く分布するシア木の種子から抽出。脂肪酸と栄養分を豊富に含み、肌をソフトに保ちます。「アフリカンバター」の名でも知られ、乳液・サンケア製品・ヘアコンディショナーの成分に使われます。

シトルリン

スイカの皮に含まれるアミノ酸の一種。抗酸化・保湿効果もあります。

シナノキエキス

カモミールによく似た、菩提樹の花の抽出物です。なめらかな肌に整えます。

シリカ

ケイ素の酸化物で、地殻からとれる天然鉱物。製品の乳化を安定させたり、皮脂や汗を吸収する性質があります。

シルク

繭を微粉砕した粉末。シルクは18 種類のアミノ酸から構成され、保湿効果皮膚再生効果があります。紫外線をカットする働きもあり、メイクアップパウダーに使われています。

スイカズラエキス

スイカズラの花・葉・茎から得られるエキス。漢方としては非常に有名なエキスで、収れん作用・血行促進作用があります。

スイカズラ花エキス

スイカズラ(ハニーサックル)の花・葉・茎から得られるエキス。中国では有名な生薬として知られ、収れん作用・抗菌作用があります。

スイカ果実エキス

スイカの実から採られるエキス。保水力があり、紫外線による乾燥から肌を保湿します。

スギナエキス

「つくし」の名で知られる、多年草のシダ植物から取れるエキス。アミノ酸シスチンを豊富に含み、肌や頭皮の皮脂バランスを整えます。

スクロース

エネルギーに変わる糖の一種。肌に水分を引き寄せる湿潤剤として使われます。

ステアリン酸

ココナッツ油やヤシ油から自然に発生するパルチミン酸などが混在する高級脂肪酸。乳化を安定させます。

ステアリン酸グリセリル

ココナッツ油やヤシ油由来のグリセリンと、ステアリン酸(高級脂肪酸)から得られる成分。乳化を安定させます。

スペアミント油

ミドリハッカから得られるオイル。清涼感のある爽やかな香りから、主に芳香目的で使用されます。

セージエキス

学名の「サルビア」はラテン語の「サルバーレ」で「救う、なおす」の意味があり、何世紀にもわたってセージの治癒力が評価されてきました。収斂・柔軟・フケ防止・育毛などの効果を持ち、肌と毛髪を健やかに保ちます。

セージ油

セージから取れるオイルで、抗真菌(感染症がある菌の予防)効果のある成分。抗酸化作用もあります。

セージ葉エキス

*セージエキスを参照してください。

セイヨウイラクサエキス

*セイヨウイラクサ葉エキスを参照してください。

セイヨウイラクサ葉エキス

イラクサの葉から抽出されたエキス。 消炎作用・収れん作用に優れます。

セイヨウオトギリソウエキス

ヨーロッパやアジアなどが原産の多年草「西洋弟切草」から抽出されるエキス。消炎作用・収れん作用があり「セントジョンズワート」などと呼ばれます。

セイヨウオトギリソウ油

ヨーロッパやアジアなどが原産の多年草「西洋弟切草」から抽出されるオイル。消炎作用・収れん作用があり、「セントジョンズワート油」などと呼ばれます。

セイヨウキズタエキス

通称「アイビー」で知られる観葉植物から取れるエキス。抗菌作用があり、肌を引き締めて、調子を整えます。サポニンを含み、シャンプーやフケなどの症状を和らげるヘアケア製品にも使われます。

セイヨウナツユキソウエキス

バラ科の多年草で、甘い香りが特徴です。抗炎症効果があります。

セイヨウニワトコエキス

別名「エルダー」から取れるエキス。肌と毛髪をソフトにする優れた脂肪酸を豊富に含有する(66%)油分を含んでいます。

セイヨウニワトコ花エキス

*セイヨウニワトコエキスを参照してください。

セイヨウノコギリソウエキス

キク科の多年草で、別名「アキレア」から取れるエキス。外傷用の薬草にも用いられます。抗炎症・抗アレルギー効果があり、肌にハリ・髪にツヤを与えます。

セイヨウハッカエキス

「ペパーミント」の名で知られ、抗菌・収斂・清涼作用があります。

セイヨウハッカ油

ペパーミントからとれるオイルで、天然の消炎剤。高い鎮静効果があります。

セイヨウハッカ葉

ペパーミントの葉。抗菌・収斂・清涼作用があります。

セイヨウヤドリギエキス

ヤドリギ科植物「セイヨウヤドリギ」の枝葉梢・茎・葉から抽出されるエキス。頭皮の血行を促進します。

セイロンニッケイ樹皮

クスノキ科の常緑高木(シナモン)の樹皮。メイクの着色に使用しています。

セイロンニッケイ葉油

クスノキ科の常緑高木(シナモン)の葉から得られるオイルで、収斂・防腐作用があります。

セタノール

旧表示指定成分としての懸念がある「動物性セタノール」ではなく、ヤシ油やパーム核油から得られる高級アルコール(蝋状固体)です。乳化を安定させます。

セテアリルアルコール

ココナッツとパームオイルから得られる脂肪アルコールの混合物。乳化を安定させ、肌を柔らかくします。

ゼニアオイエキス

ウスベニアオイから取れるエキス。肌をソフトに保つ働きにより、乳液や化粧水、フェイシャルマスクに使われます。

ゼラニウム油

フウロソウ科の植物。フローラルな香りにはリラックス効果があります。皮脂分泌のバランスを整えながら血行を促進し、肌を浄化する働きがあります。

セルロースガム

自然界に最も豊富に存在するポリマー(重合体・化合物)で、粘度調整や増粘剤として使われます。スタイリング剤では乳化安定剤として使用しています。

ソケイ花エキス

「ジャスミン」で知られるソケイの花のエキス。鎮静効果のある香りで、主に香料として使用されます。

ソルビタンステアレート

ベリー等の植物から得られる成分で乳化作用があります。湿潤剤としても使用されます。

ソルビトール

ベリー類や果物に含まれる結晶で、潤いを与えます。

ソルビン酸K

ナナカマド(バラ科の落葉高木)のオイルや実から作られた天然化合物。抗菌作用、抗カビ作用があり防腐剤として使用されます。

水添ホホバ油

ホホバ油由来の成分。皮脂分泌をコントロールして、ツヤのある肌に整えます。

水添レシチン

レシチン(大豆由来)に水素を添加して作られた成分。乳化安定に優れています。

水溶性コラーゲン

タンパク質の一種。水分を保持し、肌をなめらかに柔らかく保ちます。

石けん素地

ココナッツオイルが原料の、天然のグリセリンを含むマイルドな石けん成分です。

精製水

イオン交換された水。硫酸塩・マグネシウム・重金属類も取り除かれます。

酢酸トコフェロール(天然ビタミンE)

旧表示指定成分である「酢酸dl- αトコフェロール」とは異なる、「酢酸d- αトコフェロール」です。「酢酸dl-αトコフェロール」に使用されるビタミンE は合成の原料ですが、オーブリーでは天然ビタミンE(大豆、ヒマワリ油由来)を使用しています。天然の酸化防止・防腐剤として使われています。

酸化チタン

光の屈折率が高い微粒子の粉末で、天然の白色顔料です。紫外線の反射剤として使われています。

酸化亜鉛

天然の紅亜鉛鉱で、水や汗に強く紫外線UVAとUVBからお肌を守ります。

酸化鉄

天然の赤色無機顔料で、暗赤色~赤褐色をしています。

ダイコン根エキス

ダイコンの根から抽出されるエキス。強い抗菌作用があり、防腐剤として働きます。

ダイズ油

大豆の種子から得た脂肪油。皮膚保護効果・保湿効果が高く、さっぱりした使用感が特徴。コラーゲンと似た働きもあります。

タピオカデンプン

タピオカからとれるデンプン。皮脂を吸収する効果があります。

ダマスクバラ花水

バラ(ダマスクローズ)の花びらを水蒸気蒸留して抽出したフラワーウォーター。保湿、収れん効果や抗アレルギー効果などの他、フローラルな香りでリラックス効果があります。

ダマスクバラ花油

バラ(ダマスクローズ)から得られるオイル。肌をやわらかくし、フローラルな香りでリラックス効果もあります。

チオクト酸

じゃがいもから得られる、強力な抗酸化物質で抗炎症作用があります。肌を保護する効果もあります。

チャエキス

ツバキ科の植物で、中国や日本などに分布する緑茶からとれるエキス。緑茶の渋み成分であるカテキンには、殺菌・抗菌・抗酸化作用があり、その効果は老化防止ビタミンといわれるビタミンEの20倍と言われています。ビタミンCを含有し、酵素チロシナーゼの働きを抑え、シミを作るメラニンの合成を防ぎます。

チャ種子油

殺菌作用をもつカテキンと、美肌効果に優れたビタミンCが豊富。紫外線によって引き起こされる肌ダメージを最小限に抑えてくれます。

チャ葉

茶カテキンやカフェイン、タンニン、ビタミンC・E、アミノ酸などを含み、抗酸化・収斂・美白作用などがあります。

チャ葉油

チャノキの葉から得られるオイル。肌の状態を整えるコンディショニング効果があります。

チョウジ葉油

チョウジの葉から得られるオイル。防腐効果があります。

ツバキ油

抗酸化作用もある、肌と毛髪の優れた保湿剤です。何千年もの間、肌と毛髪の手入れに使われてきました。

ツルドクダミ根エキス

ツルドクダミの根から得られるエキス。皮膚の乾燥を防ぐ保湿効果があり、過剰な油分を抑制します。

ティーツリー葉油

ティーツリーの葉より抽出したオイルで、古くからオーストラリアの原住民たちがケガの治療などに利用してきました。殺菌・抗菌効果がありスッキリとした香りです。

デシルグルコシド

とうもろこしを原料とするグルコース(ブドウ糖)と、ヤシ油やパーム核油を原料とする脂肪アルコールの化学反応による、100%植物原料の洗浄剤。低刺激で起泡性に優れ、潤いを残しながら洗浄することができます。

デヒドロ酢酸

抗菌効果や抗カビ効果があり、防腐剤として、食品にも使用されます。

トウキエキス

優れた薬効をもつ「アンゼリカ」から取れるエキス。ベネディクティンというリキュールの香料に使わるほど香りも良く、抗炎症効果もあります。

トウキンセンカ

「マリーゴールド」や「カレンドラ」とも呼ばれるキク科のハーブを粉末にしたもの。炎症を抑え、余計な脂を取り除く働きがあります。

トウキンセンカ

「マリーゴールド」や「カレンドラ」とも呼ばれるキク科のハーブを粉末にしたもの。炎症を抑え、余計な脂を取り除く働きがあります。

トウキンセンカエキス

キク科の植物で、「マリーゴールド」「カレンドラ」とも呼ばれる植物のエキス。オレンジ色の花びらに含まれるカロチンには、ダメージを受けた皮膚や粘膜の修正作用・殺菌作用があり、タンニンには肌を収斂する作用があります。昔から擦り傷・切り傷・手あれなどに最も効果のあるハーブの1つとされています。

トウモロコシエキス

トウモロコシの種子から抽出。成長因子を含み、角質層の細胞を活性化して、新陳代謝を促進します。美白効果もあります。

トクサエキス

年草のシダ植物のトクサから採られるエキス。コラーゲンを豊富に含み、ダメージを受けた肌を引き締めなめらかにします。

トクサ葉/茎エキス

多年草のシダ植物のトクサの葉、茎から採られるエキス。コラーゲンを豊富に含み、ダメージを受けた肌を修復します。

トコフェロール(天然ビタミンE)

大豆とひまわり油由来の最も効力のある抗酸化ビタミンで、天然の防腐剤として使われています。

トリ( カプリル酸/カプリン酸 )グリセリル

ヤシ油由来の脂肪酸と植物油由来のグリセリンです。

月見草油

欧米では「イブニング・プリムローズ」と呼ばれ、古くから有用な植物として珍重されてきました。γ-リノレン酸と豊富に含む必須アミノ酸が新陳代謝を促し、ソフトでハリのある健やかな肌に整えます。

糖タンパク

天然の酵母を自己消化することによって得られる、溶性のムコタンパク質。アミノ酸を多く含み、毛先をなめらかに整えます。

ナイアシン

ビタミンB-3 で、血液の循環と肌の健康に欠かせない成分です。

ナタネ油

セイヨウアブラナから採取した植物オイル。α-リノレン酸・オレイン酸を多く含みます。

ノバラ油

野生のバラのオイル。石けん・ローション等で、香料として使われます。

乳タンパク

牛乳由来のたん白質。栄養が高く、ツヤのある丈夫な髪に保ちます。

PABA

天然の酵母に存在する水溶性のビタミンB で、紫外線による肌のダメージを予防します。保湿効果もあります。※旧表示指定成分の「パラアミノ安息香酸エステル」とは異なります。

PCA – Na

潤湿効果がある、天然の植物性のプロテイン。少量で効果があります。

ハッカ油

「ペパーミント」の名で知られ、スーッとした香りです。抗菌・収斂・清涼・血行促進作用により、肌をなめらかに整えます。

ハニーサックル エキス

ハニーサックル(スイカズラ)の花・葉・茎から得られるエキス。中国では有名な生薬として知られ、収れん作用・抗菌作用があります。

バニラ果実油

バニラ果実から得られるオイル。収斂・抗炎症作用があり、甘い香りがします。

バロスマベツリナ葉油

ミカン科のバロスベツリナの葉から得られたオイル。収れん、防腐効果があります。

パンテノール

米ぬか・酵母などから取れるビタミンB 群の一つ。髪にコシとハリを与え、丈夫にする天然成分です。優れた保湿効果で、肌の保湿剤としても使われています。

パントテン酸Ca

パンテノールの名前で知られるビタミンB-5 で、米ぬか・酵母などから取れるビタミンB 群の一つ。肌への保湿効果・栄養価が高く、ヘアケア製品にも頭皮・毛髪・毛根を丈夫にする成分として使われています。

ビート根エキス

ビート(砂糖ダイコン)から抽出したエキスですで、保湿効果や整肌効果などの働きがあります。

ヒアルロン酸Na

微生物(隠花植物)の発酵から作られるムコ多糖類で、水分を結びつかせて細胞同士を接着するゼリー状の物質。水分を抱え込む性質から、保湿剤として使われます。

ビオチン

酵母から取れるビタミンB 群の一種。細胞賦活と皮脂分泌をコントロールして健やかな肌と毛髪に整えるビタミンH です。

ビオチン

酵母から取れるビタミンB群の一種。細胞賦活と皮脂分泌をコントロールして健やかな肌と毛髪に整えるビタミンHです。

ビタミンA油(5,000IU/g)

にんじんから抽出される、肌の調子を整える抗酸化ビタミン。細胞賦活の活性に優れ、皮脂分泌を整えます。天然防腐剤として用いられます。

ヒバマタエキス

褐藻類に属するヒバマタ属から抽出したエキス。粘液質多糖類・アミノ酸・ミネラル・アルギン酸を含み、保湿効果・皮膚再生効果があります。

ヒポファエラムノイデス果実エキス

グミ科の小低木”シーバクソン”の果実のエキス。抗酸化作用があり、ビタミンCを豊富に含みます。

ヒポファエラムノイデス果実油

グミ科の小低木になる果実からとれるオイル「ウミクロウメモドキ種子油」〔学名:Hippophae rhamnoides)は、中国やチベットでは約1200年前から栽培されており、薬効と治癒力の強いことでよく知られています。ビタミンCの含有量が非常に多いのに加え、ビタミンEとβ-カロチンが、フリーラジカルによるお肌のダメージ〔肌サビ〕を予防。また、パルミトオレイン酸やミネラルも含まれており、肌本来が持っている皮膚の再生効果を高めることができます。老化の防止・肌荒れの予防に最適の、将来性が期待されているオイルです

ヒポファエラムノイデス種子油

*ヒポファエラムノイデス果実油を参照してください。

ヒマシ油

トウゴマの種子から抽出したオイル。肌を保護します。

ヒマワリ油

ヒマワリの種から抽出されるオイル。水分の蒸発を防ぐ効果に優れ、肌のうるおいを保ちます。

ビルベリー果実エキス

ブルーベリーの一種である、ビルベリーの果実から採られたエキス。肌の血行を促し、新陳代謝を高めてくれます。

フキタンポポエキス

耐寒性のあるキク科の植物から抽出したエキス。毛髪のプロテイン・ケラチンに存在するアミノ酸シスチンを豊富に含み、髪を強く健やかに整えます。

フキタンポポ葉エキス

キク科のフキタンポポの葉から抽出。収れん作用・柔軟化作用・抗酸化作用があります。

ブドウ種子エキス

ヨーロッパ産のブドウの種からとれるエキスで、必須脂肪酸であるリノール酸や、ポリフェノールが豊富です。

フユボダイジュ花エキス

シナノキの花から抽出。粘液質で、タンニン・フラボノイドを含み、抗炎症作用・収れん作用があります。

フルクトース

果物・穀物など自然界に多く存在する果糖類。保水剤として配合しています。

プルラン

でんぷんから作られる多糖類の一種。水分を保持する作用があり、増粘剤としても使用されます。

プロリン

コラーゲンと他のプロテインの生成に必要不可欠なアミノ酸。新陳代謝を高めます。

ベタイン

ビート(砂糖大根)から分離精製される天然成分。吸湿性と保水性があり、保湿およびコンディショニング剤として働きます。

ペルーバルサム油

マメ科の高木「ペルーバルサム」の樹皮を剥いだ後に幹から出るハチミツのような半固体物質で、甘いバニラのような香りがします。髪に輝きとつやを与えます。

ベルガモット果実油

ミカン科の小さな実と花をつける柑橘類の植物「ベルガモット」の果実から採れるオイル。甘くフレッシュな柑橘系の香りには、リラックス効果もあります。

ベンズアルデヒド

カシア油に含まれる成分。主に香料として使用されます。

ベンズアルデヒド

カシア油に含まれる成分。主に香料として使用されます。

ボウシュンカツボミ/花エキス

*ボウシュンカ花エキスを参照してください。

ホエイタンパク

牛乳由来のタンパク質。皮膚のコラーゲンをサポートするのに役立ちます。

ホップエキス

クワ科植物「ホップ」の雌花穂から取られるエキス。抗菌・鎮静効果があり、肌をなめらかに整えます。

ホップ花エキス

*ホップエキスを参照してください。

ホホバエステル

ホホバの種から得られるワックス(バター)。エモリエント剤として使用しています。

ホホバ油

プロテインと自然の繊維が豊富なホホバの実からとったオイルで、17 種類ものアミノ酸を含みます。肌によくなじみ、しなやかさを与えます。また、フケ防止・育毛にも効果的です。皮脂のコントロール効果もあるので、乾燥肌の方はもちろん、オイリー肌やニキビ肌にも使えます。非常に酸化しにくいオイルです。

ホホバ油脂肪酸K

ホホバ油から得られる脂肪酸。マイルドな洗浄成分として使用されます。

ホホバ種子油

*ホホバ油を参照してください。

マイカ

地殻から取れる天然鉱物の一種。パール感のある白色顔料で、メイクアップ商品に使われます。

マカデミアナッツ油

マカデミアナッツの実から採れるオイル。主要な脂肪酸組織は人の皮脂に類似しており、保湿効果に優れます。肌と毛髪にうるおいを与えます。

マロニエエキス

「セイヨウトチノキ」の種・葉・樹皮から抽出したエキス。細胞賦活を活性し、肌をひきしめて炎症を抑えるマイルドな収斂剤です。

ミツロウ

ミツバチの巣から生成される天然のロウ(ワックス)。皮膚にうるおいを与え、柔らかくする効果があります。

ミリスチルアルコール

天然ヤシ油由来の成分から還元される、天然高級脂肪酸。乳化安定剤・エモリエント剤・親油性増粘剤として使われます。

ムラサキバレンギクエキス

「エキナセア」とも呼ばれるムラサキバレンギクから採られたエキス。肌を引き締める効果や抗菌・抗アレルギー作用があります。

メチオニン

細胞賦活に優れ、皮脂生成を調整するアミノ酸です。

メリッサエキス

「コウスイハッカ」の葉から取れるエキス。非常にマイルドな成分で、消炎・鎮静効果があり、荒れた肌を健やかに整えます。

メリッサ花/葉/茎エキス

*メリッサエキスを参照してください。

メリロートエキス

マメ科のメリロートから採られたエキス。血行促進作用があります。

メントール

ペパーミントから得られる殺菌・抗菌・抗真菌(感染症がある菌の予防)効果のある成分。また、加温・冷却作用には、肌の鎮静効果もあります。

モスカータバラ種子油

*ローズヒップ油を参照してください。

モンモリロナイト

天然クレイの一種。汚れを吸着する働きと、解毒作用があるため、マスクに使用されます。

ヨーロッパで最も高いスイスの水源から得られる、純度の高いミネラルウォーターです。

ヤシ油

ココナッツの種皮を除いた種子を圧搾して得られる脂肪油で、石けん・シャンプーの原料として使われています。

ヤシ油アルキルグルコシド

ヤシ油に糖質を加えて作られた、安全性の高いマイルドな植物性界面活性剤です。

ヤシ脂肪酸K

ココナッツオイルから作られたナチュラルな石けんです。

ヤドリギエキス

木の枝に寄生する常緑の植物で、抗炎症効果があり、肌の調子を整えます。

ヤナギラン花/葉/茎エキス

アカバナ科・ヤナギラン(柳蘭)から摂れるエキス。肌にうるおいを与えます。

ユーカリ葉油

ユーカリの葉から取れるオイル。殺菌・抗菌効果に加え、浄化・冷却・沈静効果もあります。

ユビキノン

ビーツ(発酵テンサイ)/サトウキビ由来の成分。別名として、コエンザイムQ10、補酵素Qなどとも呼ばれます。高度不飽和脂肪酸(特にリノール酸)とタンパク質を多く含み、肌を若々しく保つ働きをします。。

ライムギ種子エキス

ライ麦の種子から採られたエキス。肌の保湿、引き締め効果があります。

ライム油

ライムの皮から得られるエッセンシャルオイルで 天然の防腐剤として、また香料として使われます。

ラウロイルリシン

ラウリン酸(ヤシ油)とアミノ酸の一種であるりシンとの混合物。肌なじみをよくし、うるおいを与えます。

ラクトペルオキシダーゼ

牛乳から得られる酵素の一種で、防腐剤として働きます。

ラベンダーエキス

ラベンダーから抽出されるエキス。鎮静・防腐効果があり、肌を健やかに保ちます。

ラベンダー水

ラベンダーエッセンシャルオイルを抽出する蒸留過程において、その蒸気から取れる水。鎮静効果・防腐・殺菌作用に加え、マイルドな香りを残します。

ラベンダー油

鎮静・防腐効果があり、心地よい香りがします。

ラベンダー花

ラベンダーの花の粉末。芳香・防腐効果があります。

ラミナリアオクロロイカエキス

別名(黄金海藻)とも呼ばれる黄金色の海藻から採られたエキス。保水力が高く、抗炎症効果もあります。

ラミナリアディギタータエキス

海藻の一種で、高い保水力と保湿効果があります。

ラン藻エキス

オレゴン州・クラマス湖で採取される藍藻類の「ブルーグリーンアルゲ」から取れるエキス。必須アミノ酸であるリジン・メチオニンを含むため、コラーゲンの形成を助けます。また、抗酸化ビタミンでもあるビタミンB-1・B-2・B-3 が、皮膚の代謝を促進します。

リシン

コラーゲンと他のプロテインの生成に必要不可欠なアミノ酸。保湿効果があり、肌荒れを防ぎます。

ローズウッド油

バラに似た香りがする南米アマゾン川流域の熱帯地域に生育する常緑樹で、保湿・抗炎症作用があります。

ローズヒップ油(ローザモスクエータ)

チリのアンデス山脈に咲くバラの実から抽出されたオイル。たっぷりの不飽和脂肪酸・ビタミンC、その他の肌に必要な栄養素がふんだんに詰まっています。チリの先住民が、火傷や傷の治療に民間薬として使ってきた背景もあり、皮膚の生まれ変わりのサイクルを促進し、皮膚組織を再生させる働きがあることも報告されています。加齢によるくすみ・乾燥の気になる肌に弾力とうるおいを与え、しなやかな肌を保ちます。

ローズマリーエキス

シソ科の常緑性低木で、その優れた効能効果で有名なハーブです。血行促進・細胞賦活・育毛・養毛・抗炎症・抗酸化作用があります。頭皮を活性化し、毛髪にコシを与えて丈夫にします。

ローズマリー油

ローズマリーからとれるオイル成分。抗酸化・鎮静・浄化作用があり、皮膚の代謝を促進します。

ローズマリー葉油

ローズマリーの花期の枝及び葉から得られるエッセンシャルオイル。クリアでスッキリとした芳香が特徴。殺菌・収斂作用があります。

ローズ水

アロマセラピーにも用いられるバラ水で、リラックス効果があります。